4月25日(火)〜27日(木)の3日間、山梨県河口湖で中学校1年生の宿泊オリエンテーション合宿が実施されました。

天気が心配されましたが、幸い一度も雨にあうこともなく、予定通りのプログラムで行われました。

新入生の皆さんは、はじめ不安な様子も感じられましたが、すぐに打ちとけて明るく楽しい合宿となりました。

校長講話のときに話したことは、「思いやり」についてでした。

「口は人を励ますためにあり、耳は人の話をしっかり聞くためにあり、目は人のよいところを見るためにあり、手足は困っている人を助けるためにあり、心は人の心の痛みがわかるためにある。」という話でした。

生徒たちは熱心に聞き、最後は全員が暗唱しました。

あとは実践あるのみです。